特に、これから趣味程度でもまじめにベースをはじめようと考えている方へ
どうしても予算が摂れない方はしようがないですが
安価なベースの格好をしているだけのものより
出来るだけ、楽器としての能力、魅力を持つベースをお薦めします

理由はちゃんとした楽器を弾いていると、まだあまり弾けなくても音を出しているだけでも楽しく
練習していても楽で、音も良い方が楽しく長続きします〔好い楽器は調整もしっかりしている〕
ある程度お金を出していると簡単には辞められないと言うこともあります。
もし、後で売りに出すことになっても楽器としての価値が違います

これがあまり楽器と言えないようなベースを弾いていても
音に魅力がないと、ただ、弾いているだけで弾き心地もあまり良くなく、飽きが来て
すぐに辞めてしまうと言う結果にもなり兼ねません
下世話な言い方をするとあまりお金もかけていなし、まぁいっかに!

弓の場合も似たような事が言えます、考え方によっては弓の方が大事になります。

初心者の楽器 Wベース
楽器としての能力魅力を持ち推薦するのは出来るならドイツ製ぐらいからが良いのですが
比較的低価格で入手出来るドイツ製のメーカーでは定価60万前後と言う時代も昔のことで、
その代表的なメーカー、カールへフナーも
ついに定価で1,155,000円と
ドイツ製では、もう定価で100万以下の楽器はなくなりました。

ドイツ製ルブナーも(ヨーロッパ製が)高くなってしまったので
(一応、ルブナー、はまだ売値98万で購入できます。その他ではゼミリンガー75万ロムアンティーク65万)

国産ではオリエンテ定価35万
(売値31万調整付)
一応、表、裏板単板、横板だけ合板、糸巻きドイツ製、
指板は縞黒檀で色が茶色が入るが黒檀と材質的にはそれほど違いはない
音は少しにぶ目ですが、
その分、他の国産メーカーに比べ太くベースらしく聞こえます
値段もオール単板ではHB-45が一番安い。
オリエンテは国産の安心感、何かあった時には文句が言える
他の国産メーカーは軽い音が多く、SUZUKIは仕上げ見てくれは流石ですが、
No180と言う、50万以上の値段でも裏横合板、表板だけ単板のモデルですが
裏板とは魂柱で繋がっている為、合板の音になるので、あまり締まりがなく仕事では難しい。

一番安いのは定価25万 合板の楽器  オリエンテ定価25万写真

オリエンテHB35は在庫ありますが、当店では合板の楽器は基本的には置かないので、以下の合板の楽器は取り寄せになります。

合板と単板の楽器の違い
合板のボワ〜ンとした独特の音があり、始めはまだしっかりした音が出ますが
合板の楽器は弾いて鳴れば鳴るほどボケて音が曖昧になり
他の楽器と合わせた時に聞こえなくなる、終いには合板自体がばらけて来て駄目になり寿命があり短い。
余計な事ですが、合板の楽器は比較的鳴りがよく風呂場で響くのと同じで
一人で練習するのには響きが良いので気持ちがいい
単板の楽器は鳴って来るほど音のぬけが良くなり、枯れた味わいのある深い音になる。

当店ではほとんど2割引で販売していますが、
オリエンテだけは仕入れ値が高いのと送料が付いてきますので約2割引になります
HB-35は31万円
(調整付)
HB-25は楽器は21万になります〔当店では全部調整して売っています〕
注、ページに乗せてある値段は特に定価と表記をしていない場合は、売値で書いてあります

後は中古で手に入れる、友達から買うとか
店で買ってもずいぶん安いものはそれなりに修理調整が必要で
あまりにも安く聞いた事も無い様なメーカーのものはあまり勧められない
修理や調整してもどうにもならない様なものもある(ネットオークションなどは特に注意した方が良い)
良く知らないで買うと逆に修理や調整で金銭的にも高くつく場合が多い。

まともな楽器(Wベース)を作るには大きさがあるだけに材料やパーツ類だけでも
贅沢を言わないまでも最低限30万近く掛かる
原材料だけでもこれだけ掛かるので形だけではなく楽器と呼べるのは
手間も入るのでどれぐらいからか頭に入れて置いてください。

楽器として長く付き合っていきたいと思うならある程度の楽器を買った方が良い
もし、売りに出すときの楽器としての価値も違います

BACK TO HOME  初歩の初歩に、戻ります