直線上に配置

ピックアップ
Wベース用のPUは現在、色々出ていますが
比較的手頃な値段の入手しやすいポピュラーなPUの簡単な特徴

昔から一般的に使われているアンダーウッド(昔のウッディ)は
駒の両脇のウイングと呼ばれるところに挟み入れて使用します
シリコンが間に噛んでいるせいか構造上、偶然だと思いますけど高音と低音が少し切れていて
聞こえやすい音だけが出て、低音などを補正すると割と使い易く無難です
(通常使用では出力が落ちないPU)

フイッシュマンのPUでフルサークルと言う、アジャスターに組み込んだPUがある
音は一番自然な音です。
馴染むと出力が落ちるようなので、プリアンプなど間に入れ、持ち上げる必要が出てくる場合がある。
(同様の山彦はフルサークルより硬めの音)
取り付けは自分では出来ません。

リアリスト
E線側の駒の足の下に敷いて使うPUです
大きな特徴は弓とピッチカートの差があまり出ないのと(他のPUは大抵、弓の音が硬くなってしまう)
取り付け場所のせいか、ボディの響く音を拾い、比較的甘い自然な音
初期の頃は(銅箔にブツブツがなかった)歯切れが悪いのと立ち上がりが余り良くなかったが
このブツブツで改善され良くなっている。
リアリストは従来のPUと、元の音が違うので、
アンダーウッドを、使い慣れていると、同じ感覚で使おうとすると少し戸惑う
フラットの状態かミドル、トレブルもある程度入れないと甘くなってしまう

使用その後のPU
フイッシュマンのフルサークル、山彦、リアリストなどは、しばらく使用して馴染んでくると
出力が落ちて来ますが、アンプのボリュームだけでは足りなくなる事があるので
プリアンプなど間に入れ、持ち上げる必要が出てくる場合がある。
リアリストは馴染んでくると高音が聞こえなくなるケースが多いので
抵抗を噛ませて低音を抑えたタイプになりましたが
逆に硬くなってしまうとか、どうやら個体差があり、色々なケースあるみたいです。

ピックアップとアンプとの相性
アンダーウッド(ウッディ)はポリトーンのアンプ(前面に集約された音が出るアンプ)
リアリストはアコースティックイメージのアンプとの相性が良い(太く高級感が出るアンプ)
ギャリエンクルーガーのアンプは比較的なんでもこなします。(広がりがある音のアンプ)

この他、PUは値段的に結構高いものなど、まだ数種類出ていますが
値段的に高ければ良いと言う物でなく、どれも一長一短があり
それぞれの好みや、アンプや楽器との相性もあり、
PUは難しく未だ絶対と言うPUはありません
使いこなせればどれも皆、良い音がします。
今はもう売っていない昔のポリトーンとかT字型のバーカスベリーなど
好みで未だに使っているファンもいます。
取り付け方、取り付け場所なども大きく関係してきます。
トップページへもどる
直線上に配置