乾燥期の楽器の乾燥は思いのほか凄い

最近の建築構造なのか空調設備のせいか分からないが気をつけましょう

特にお店とかなどでは、楽器がでかい音をたててすごい割れ方をする場合がある。

これからの季節、寒冷地(特に北海道は通常考えられないような狂いが出る場合がある)
暖房をガンガンで使うので一日の寒暖の差の激しさなどには
気を付けて楽器を狂わせないようにしてください。
楽器が狂う原因は乾燥や湿気の他、温度の急激な変化についていけない事などもある

対策
加湿器を置く、ダンピットを使用、外気を取り入れる、水をまく、バケツとかコップに水を入れ置く
昔は人が入っていれば自然に吐く息とか水分をある程度発散しているものだと思っていたが
今ではふつう〜のマンションでも、のどがからからに成る程です
暖房設備も、もうちょっと何とかならないものでしょうか
ちなみに20センチの円形の松の板材を二枚、乾燥機で乾燥させて
縦横合わせてみたら5ミリ違っていました
想っていたより縮んでいたのでびっくりしたことがある

BACK TO HOME  メニューへ 初歩の初歩に、戻ります