ギター アジャスターロッド、トラスロッド(鉄心)の調整について

ギター、ベースもですがアジャスターの多くは溝に鉄心かアルミのコの字型の物に鉄心をセットされたものを埋め込んで
締めこむと逆ぞり方向に効くシンプルなものが殆どです(一部には順逆両方に効く特殊なものも)

ネットなど見ると分かりやすく順反り逆反り、回す方向を載せていますが
普通のアジャスターはあくまで逆ぞり方向にしか効きませんので
反対に回すと実際には緩むだけでネックが弦の張りに負けて順反り状態を言っているだけです。

理想はアジャスターに頼らずネック自体の張りでフラットか少し張りが付いてビレない程度に逆ぞり気味の方が好ましい
アジャスターとネック自体の強さでバランスが取れている場合は良いがアジャスター頼りになっている場合はネック反り一歩手前です。
弦を緩めたり張ったり繰り返すと金属疲労と同じでネックも弱ります。
1度順ぞりになると、どこかで止まると良いですが進行します。

また、アジャスターは1回か2回転ぐらいで、効いている範囲が狭く、
手応えがあり、締めて調整するのもギチッと1段ときつくなったらそれ以上回したら鉄心が切れます。
(錆びて固まって硬くなっている場合もあるので一度軽く緩めてから締め直すのも有効です)
緩める方向でも手応えがなくなると、それ以上回してもパーツが外れて来るだけで無駄です。