直線上に配置
アジャスターについて

コントラバスの駒にアジャスターを入れると、
壊れやすい、狂い易い、倒れ易い、金属を入れたくない、音が悪くなるのではと
言う理由で敬遠する人がいますが、
前述の壊れやすい、狂い易い、倒れ易いについては、只、単に駒が前へ傾くのを
そのままにしている当人の管理の悪さで
その他に原因があるとしたら、もともとの駒が薄く創りが悪いのだと思う。

音については、
真鍮(ブラス)製については、ピッチカートで使用するには、音に重みが加わり
好みにより、それほど問題はないのですが、但し、特に1弦がブツンとした、詰まり気味の音になる、
弓で弾く場合には、音が広がらなくなり、確かに音は悪くなり、使えません。。

アルミ製のアジャスターは木の響きに近く、音も自然で広がりがあり、弓でもピッチカートでも使用出来ます。
実際に、アジャスターが付いてる楽器でも、好い音が出ていますし、違和感を感じた事はありません。
当店では現在ブラス製のアジャスターは使用していません。(心棒はブラスネジです)要望があれば別です。
金属を敬遠して、木製黒檀製のアジャスターの場合は音が少し軽くなります、、この他ジュラルミン製などもあるみたいです。

アジャスターは駒の管理がこまめに出来ない、正常に立て使えない人こそ必要だと思います。
理由は、駒が多少傾いても融通が利いて、足が表板にピッタリ上手く合う事になるので、
アジャスターが入っていない場合は弦に引っ張られて指板側への駒の傾きによって
駒の足のテールピース側に浮きが出来、音が鈍く悪くなります。
(駒と魂柱の距離が大きく狂う為)
駒の傾きによって足の指板側が強く当たると、テンションが高くなり音が鈍くなり
駒を正常に戻すか、試しに、少し大げさにテールピース側に戻してみると音のヌケやテンション良くなります。
極端に言えば駒の足はテールピース側が着いていさえすればまともな音が出ます。


駒を大きく傾かせてしまう程、放って置かれたらアジャスター付いている付いていないの問題ではないと思います。
何より弦高の調整が出来るのとバランスがとれ音が良くなる
また試しに、片側E弦側のアジャスターでも、少し上げるか下げるかしてみると、バランスが変わり
弾きやすさも大きく変わってきます。

クラシック奏者でもアジャスターを入れて音が良くなったと言われた事があります。

【例】ルブナーの駒の調整を良くやりますが、ルブナーはオリジナルの駒が
比較的薄く出来ていて、駒の取り付け角度が大袈裟な場合もあり、
傾きによっては狂いやすい面もあり
適正な角度、傾きを保つ為に実際にアジャスターを入れて調整をしている
また新しい楽器は特に、調整したてなども、楽器は木で出来ているので湿気や乾燥、温度、弦による荷重などで
多少はどうしても変形は出てくるので、アジャスターを入れて調整をしている場合があるので
最初からは付けるつもりはないのですが、店の在庫もアジャスター付きが自然に多くなってしまいます。

追伸
よく冬用と夏用の駒を二枚作ると聞きますが、実際にやってみると
表板も駒も狂いが出るのでよく合わなくなることがある
それでも相手が互いに木なので時間をおくと馴染んで来ますが
決して無理にアジャスター取り付けを勧めている訳でなく
付けないで済むのでしたらシンプルに越した事はないと思います。

  トップページへもどる
直線上に配置