直線上に配置

うちのような仕事をしたいと見習いで入って来て
肝心の刃物の扱いも出来なくて何をするつもりなのか
刃物も研げないと何も始まらない
未経験者にも、まず刃物を研ぐところから教える
たまに1〜2本趣味や遊びで作るのにはやすり等で何とかごまかして出来るかもしれませんが
うちに来た、ギターやバイオリン製作を教えている某学校2校とも
手取り早く研げるのか丸刃を抑えられるのか?
ノミの横研ぎを教えている
(確かに一部の職人はそういう研ぎ方しているらしいが)
砥石がすぐに狂ってしまうし
第一、丸のみ(彫刻刀)をどうやって砥ぐのか
変な事を教えられると仕事覚えるのに妨げになる
その他にも実際に使えないようなおかしな事を教えられている。
下手に教えられるのだったら何も知らない方がまだ良い
最初から技術者としては期待しない、営業でしか雇わないと言い切っている会社もある

中にはまともな先生もいるのかも知れませんが多くは
生徒を集めないといけないので誰でも一応の体裁をつけさせるように教えている
生徒も学校だけで教えてもらっているのではなく
少しは自分でも勉強した方が良い、そうすると色々矛盾が見えてくると思う

社会に出て仕事になると、甘えていられるのも最初だけで
義務教育と違って、黙っていても教えに来てくれると思わない方が良い
社会に出たら自分から動かないと放っておかれるので勘違いしないように
実際は社会に出てからだけではないのだが

上の画像が一般的な研ぎ方の方向
添える指は個人のバランスをとるだけで左右1本でも2本でもかまわない
左は仕上げ砥石(合わせ砥)です。
中砥石で刃がえり(裏にバリ)が出来たら
仕上げは表、裏7:3ぐらいで何度か繰り返し、そのかえりをとる
その際、裏は砥石に対して真横にする
大工さん、家具、指物師、色々職人を見てきましたが知ってる限り砥石に対して横にして研ぐのは知りません
ちなみに私は楽器屋の修理屋をやる前は建具屋をやっていました、学校では室内工芸を習いました。
刃物の研ぎ方U
直線上に配置