と、アトリエHashimotoさんは言っていました
特に、ピカピカのお飾り用の楽器を並べて喜んでいるマニアは嫌っているみたいです
うちは弾くための楽器を扱っていると言う
これは私も同感です。

よくあるのは怒りの1で載せらているのがあります
この手のはオリジナルの状態にしたいと言うものらしいですが楽器を傷つけて逆に壊している
うるさいことはよく言う割には楽器としての根本的な事は全然知らないことが多い

マニアは情報を何でもかんでも仕入れ、頭でっかちになっている
楽器の年代とか型番とかはよく知っているようですが、
またびっくりするほど勘違いしていることもある

最近の楽器屋さんもいいかげんなことをよく言うので何でもかんでも間に受けて欲しくない
気を付けないといけないのはプライドのない修理屋さんにパーツを採られることもあります
修理でパーツを交換した場合は交換パーツをちゃんと返してもらいましょう
フレット交換したフレットまではいいですがこれで少しは防げるはずです