怒りのページ1
マニア向けのオーバーバインデング

マニア向けのオーバーバインデングと言うやつですが

フレット替えの際フレットの脇にバインデング(指板脇のセルのこと)
が被っている
(新品の楽器、工場出しの状態)

これが大変で、やり方は何通りかあるのですが楽器をオリジナルの状態に
する為にやっているようですが
見てくれを良くしても楽器を壊しているのと同じ事です(素人はごまかせてもプロはごまかせません)

今回持ち込まれてきたギターはバインデングの塗装を剥がされていました
これだけでもオリジナルから離れると思います

多分これはフレットの長さをぴったりにしたいが為、少し強めに合わせ、セルのところのニスにヒビが入り、
それをごまかす為にニスを剥がしたものと想われる

また、その時ちょうど良くても、どちらにせよ後に隙間が出来るとか不具合が生じる、

この他セルを貼り直してしまうとかあり、この場合も塗装の修正が必要になってくる

こういう事をしてもマニアの言うことのオリジナルになるのでしょうか
他にもやり方はあるのですが余りあげるとまたやる心無いのが出てくるので
バカなマネはやめましょう

戻る