楽器の保守管理(弦楽器、Wベース)

たとえ演奏者でも楽器を持っている以上、最低限、保守とか取り扱い上、
自分でして置かなければならないことがあると思う

特によく見るのは駒が傾きおじぎしている
駒がそっくり返ってしまってる
この場合弦高が変わる1〜2o高くなる

先生と呼ばれている人でも結構います
挙句の果てはアジャスターを付けていると余計そうなると、のたまう奴がいる
(自分がろくに管理が出来ないのに)楽器を弾く資格はない

こう言う人こそは余計アジャスターを付けた方が少し融通がきいて
駒の足の前後が着いて助かる面もある

楽器の汚れはまだ、自分さえ良ければ気にはならないだろうけど
アトリエさんの初歩の最初の扉のところにも載っているので見ている人は
アトリエハシモトに来る人はあまりいないと思いますが?

戻る