オートリア製オールド C.SCHAU 1906年製
内側から見ても仕上げを見ても腕が良いのが分かる凄くきれいで100年も前の楽器に見えない
表板に割れと横板に割れ1ヶ所治してあるがに大きな怪我が見当たらない、オールドらしい音
弦長が1m3cm、ネックは弦長を縮めたのか角度と共に直しがある 楽器屋へ戻る