ピラストロ パッシオーネ
画像では色は違って見える場合もあるようですが濃い茶色の巻きです。
ヴァイオリン弦などはガット弦ですがバス弦は全弦スチール弦です。
音はフラットクローム系のピラストロのスチール弦の少し角が立つような感じで
3,4弦はピチカートで伸びる1,2弦は逆に詰まり気味になる
全体の音としてはオリジナルフラットクロームをもっと地味にした感じです。
普通の鳴りの楽器ではおとなしいだけになりかねない弦です。
オールドや鳴りすぎるくらいの楽器では、よりガットらしさが出て相性が良さそうです。
ジャズピチカートではオリジナルフラットクロームのガットの雰囲気、渋い音を好きな場合は3,4弦のつまりを
この弦で解消(たとえばオリジナルフラットクローム1,2番線パッシオーネ3,4番線)
ピチカートではオリジナルフラットクロームの音そのままで低音弦を自然に減衰して伸びるようにしてくれれば
高級感のある音で使用出来るのに、ピラストロ社ではどうしてもオーケストラ中心になる