下の画像はアジャスター付きの駒ですが
この場合、弦に引っ張られて指板側に傾いたとしても、アジャスターを支点に傾くだけで駒の反り自体はまずない
もちろん、傾きすぎると倒れたり駒自体が割れたりすることもあります。

アジャスターを付けるのを嫌う人もいますがメリットも大分あります。
金属が入るとか傾きやすい狂い易いとかで
アジャスターを支点として、足の部分が自由になるので少しぐらい傾いてても、表板と前も後ろも浮くことなく密着する
(魂柱からの距離が一定する、音のヌケが良くなる)アジャスターなしの駒が、指板側に傾いて、足の前側に力が掛かると音が鈍くなる。
画像で見るようにアジャスターなしの方が、同じ管理の悪さから傾いたりしても、駒自体は足でつっぱっている分、反り狂いは起き易い
長年修理で駒替えは観ているが、最初から駒が弱く、テールピース下側に反っている以外はアジャスター付での駒の反っているのは殆ど見ない

駒の傾きによって足の指板側が強く当たると、テンションが高くなり音が鈍くなり
駒を正常に戻すか、試しに、少し大げさにテールピース側に戻してみると音のヌケやテンション良くなります。
極端に言えば駒の足はテールピース側が着いていさえすればまともな音が出ます。


また試しに、片側E弦側のアジャスターでも、少し上げるか下げるかしてみると、バランスが
変わり、弾きやすさも大きく変わります。

アジャスターは無理に付ける必要はないが
調整してくれる楽器屋さんが近くにないとか、弦高が低めの場合、便利です。、

駒の傾きの管理、
弦の交換は楽器を弾いている持ち主の責任です。

弦を張ったまま、力がない場合、駒の溝のすべりが悪い場合は少し弦を緩める
(駒の溝のすべりが悪い場合は溝に鉛筆の芯を塗るとすべりが良くなる)
駒の傾きを直すのは慣れるまで、出来ればテーブルなどの上で
横に寝かせて、楽器と自分の体を固定して、腕だけの力で一気にやらずに
体全体を使うように加減して、G線側E線側の片側ずつ分けるとか、徐々にやると良い
(腕だけの力で一気にやると倒してしまうことがある)
駒の足は上側、指板側は空いていて構いません
下側、テールピース側が着いていれば低音もしっかり出ますし
上側が少し開くくらいの方が音の抜けも好くなります。

他には、弦を少し緩めて、駒をテールピース側に若干倒した状態にした上で、再度調弦をし、
チューニングが合った状態では駒がまっすぐに立つ様にする。

駒の曲がりと立つ角度

上の画像はそのまま何もしないで弦に引っ張られて前、指板側に傾いて駒を狂わせたもの

右上の画像は通常の素直に反った駒と、反対に後ろ下側に反った駒です。
下側、テールピース側に傾き反った駒は、指板側に反った駒とは意味がまるで違います。
元々が弱く、木目が悪いか駒の裏表が間違っているか、駒の造り方そのものが薄すぎて弱いからです。

前者、前に反って来るのは、完全に楽器の持ち主の管理の悪さです。
後者、下側に反るのは持ち主より、駒の材質、木目、乾燥、駒の造りが最初から悪かったり、メーカーや楽器屋の責任もある

左の画像は正常に立っている駒の様子です。
楽器の表板を水平に置いて、駒の裏側テールピース側を
垂直に立てる
(当店では少しオーバー気味にテールピース側に傾けて置く)
分かりやすいように駒の面取り、角はまだ取っていません